人気ブログおすすめサイト

二重整形の費用はどれくらい 安い?高い?【埋没法・切開法の施術別調べ】
美容・オシャレ

二重整形の費用はどれくらい 安い?高い?【埋没法・切開法の施術別調べ】


埋没法による二重整形の費用はどのくらいなの?

美容整形を受けるに当たって、どのくらいの費用がかかるのか疑問を抱えている女性は多いかもしれません。

どんなに効果的な手術で一重まぶたから二重まぶたを手に入れられたとしても、金銭的な負担があまりにも大きいと悩んでしまいます。

二重整形は保険が適用されない自由診療なので全ての費用を自己負担しなければなりませんが、医療用の糸で縫い合わせるだけの埋没法は比較的安く済ませられるのがメリットの一つです。

埋没法と一口に言っても様々な術式に分かれているので一概には説明できないものの、プチ整形に分類されるので高校生や大学生でも気軽に受けられるようになりました。

そこで、当サイトでご紹介している湘南美容外科で埋没法がどの程度の費用で受けられるのかまとめてみたので、二重整形を考えている女性は一度チェックしておきましょう。

ナチュラルベーシック法 腫れづらいばれづらい二重術
両目1点:7,350円
両目2点:14,700円
両目3点:23,080円
両目4点:38,470円
両目1点:87,480円
両目2点:90,000円
両目3点:131,220円
両目4点:159,160円
フォーエバー二重術 クイックコスメティーク法
片目:115,020円
両目:191,560円
片目:115,020円
両目:191,560円

最も皮膚に負担が加わらず、手術時間も短くて済むナチュラルベーシック法ならば両目1点で7,350円なので、お手頃な費用で受けられることがお分かり頂けるはずです。

もちろん、かかる費用を一括で支払わなければならないわけではなく、最大で78回の分割払いに対応しているので費用の負担を抑えられます。

他にも、埋没法による二重整形にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

二重整形のメリット

  • メスで切開したり傷を縫合したりしなくて良いので手術時間が短い
  • メスで皮膚を切り取るわけではないので術中の痛みは皆無
  • 糸を皮膚で留めるだけなので仕上がりに不満足な場合は抜糸で元に戻せる
  • ダウンタイムが短いので皮膚の腫れや赤みといった症状のリスクが少ない
  • 手術を受けてから直ぐに今まで通りの日常生活に戻れる

このようなメリットがあり、ナチュラルな二重まぶたを手に入れられる方法なので詳細は、下記の湘南美容外科の無料カウンセリングで伺ってみてください。

二重LP

切開法による二重整形の費用はどのくらいなの?

切開法による二重整形は、埋没法と比較すると費用が少々高くなっています。

自由診療なのでクリニックによって料金設定は異なりますが、切開法の相場がどのくらいなのか以下ではまとめてみました。

  • まぶたの皮膚を1cm程度切開する部分切開法:約25万円
  • 3cm程度切って二重まぶたを作る全切開法:約28万円
  • 目の開きを良くして目力を上げる眼瞼下垂修正手術:約52万円

上記のようにどの術式でも切開法に関しては費用の負担が大きく、麻酔代金が含まれていなかったりオプション費用がかかったりするので注意が必要です。

大手の美容クリニックや美容皮膚科で実施されているモニター制度を利用すれば、20%off~40%off程度の割引が適用されるので金銭的な負担は抑えられます。

ただし、「術後1週間程度は腫れが残る」「腫れが引いても傷跡が残りやすい」「埋没法よりもダウンタイムが長い」「しばらくは顔を洗えない」「簡単には元に戻せない」というデメリットがあるので、きちんと心得ておきましょう。

二重整形は保険が適用されないの?

二重整形は埋没法でも切開法でも審美目的の治療に該当するため、保険が適用されないという特徴があります。

インフルエンザや虫歯の処置は病気の治療に当てはまるので、国民の税金を使って安くしてくれるのです。

健康保険証を見せれば3割負担で済むものの、二重整形は病気の治療ではなく「美しくなりたい」という個人的な願望を叶えるための処置なので保険適用にならず、全ての費用を自己負担しなければならない仕組みとなっています。

・加齢によるシワの除去
・バストアップなどの豊胸手術
・ほうれい線の除去

二重整形以外にも上記のような処置は病気や怪我の治療とは一切関係性がなく、保険診療だと国に認められていないので高額な費用を支払わなければなりません。

ただし、例外的にまぶたを上まで持ち上げられない疾患の眼瞼下垂の治療は保険が適用されることがあり、「日常生活に支障を来たしている」「医療行為が必要」と専門医が判断すれば3割負担で済みます。

生まれつきではなく、「パソコンを駆使している」「コンタクトレンズの使い方が間違っている」「アイプチなどのメイクをやり過ぎている」という原因で眼瞼下垂に至るケースも多いのです。

しかし、眼瞼下垂ではなく美容目的で一重まぶたを二重まぶたにしたいという際は、保険が適用されることはないと心得ておきましょう。

どの程度の費用がかかるのか医療機関によって異なるので、信頼できるクリニックを探して無料カウンセリングを受けてみてください。

二重LP

  関連記事

 - 美容・オシャレ