人気ブログおすすめサイト

肺がんのブログまとめ

肺がんブログのまとめ10選 / 肺癌闘病記を読む


「肺がん」は近年死亡者数が増加傾向にある要注意がんの一つです。

「肺がん」と聞くと“喫煙者がかかる病気”というイメージがあるのですが、実は加齢が原因で発病する「肺がん」が全体の患者数を押し上げています。

とはいえ、若い頃の喫煙歴が高齢者になってからの肺がんの有病率を左右するという所見データも公表されているので、喫煙はしないに越したことはありませんね。

今回は肺がんの闘病記のブログを10選ご紹介します。

スポンサーリンク

肺がんブログまとめ10選

01. ☆WELCOME TO CROOSS ROAD/肺がんニャリ☆

  • 組織型/腺がん
  • ステージ/末期
  • 治療法/放射線治療・化学療法 (抗がん剤)

肺腺ガン末期の女性の闘病を綴ったブログです。すでに他臓器転移が見られるため、治療は手術ではなく、放射線治療と抗がん剤による化学療法です。

「毎年桜が見たい」というのが彼女のモチベーションの鍵。綺麗に咲き誇る桜を来年も見たいから、がんには決して負けない!という強い決意に読んでいるこちらの方まで「頑張れ!」と応援したくなります。

また、医療費に関する情報や抗がん剤治療を行うにあたり障害者申請する際に提出する書類についてなど、病気の治療以外の部分で気になるところもブログに記載されているので同じ病気と闘う人と家族にはとても参考に成るでしょう。

>> ☆WELCOME TO CROOSS ROAD/肺がんニャリ☆


02. 肺がんー再発の日記

  • 組織型/腺がん
  • ステージ/3a期~再発性へ
  • 治療法/外科手術・化学療法 (抗がん剤)

「がん」には原発性・再発性・転移性という分類の仕方もあります。

  • 原発性:最初に発症したがん病巣部
  • 再発性:一旦寛解したのちに近い部位や同じ部位に再発した場合
  • 転移性:原発巣が他にあり転移してきたがん、あるいは転移しやすいがんの総称

になります。原発性がんの場合は早期発見・早期治療ができれば完治するケースも増えてきましたが、「再発性」や「転移性」は抗がん剤や放射線治療に耐性があったり他臓器転移を起こしやすいため予後が悪く、生存率も低下してしまいます。

オーナーの“junchi”さんは2011年に発症した「肺腺がん」に対し、手術と化学療法を行い一旦寛解するも、2013年に「再発性肺腺がん」を宣告され、現在に至ります。

>> 肺がんー再発の日記


03. なかちょんの肺がんに負けないブログ

  • 組織型/腺がん
  • ステージ/末期
  • 治療法/化学療法 (抗がん剤)

女性に多いと言われるのが「肺腺がん」ですが、もちろん男性の患者さんもいます。オーナーの“なかちょん”さんは35歳という若さで肺腺がんを発症した方です。若い人の肺がんは進行が早く、肺の奥の方にできる肺腺がんの予後はあまり良くないと言われています。

“なかちょん”さんも発見時はすでに末期に近い状態で、手術は適用できず、化学療法で闘病中とのこと。
そんな闘病生活に明け暮れる毎日の中でも2015年は”なかちょん”さんにとっては忘れられない年になりました。というのも息子さんが生まれたからです。

今年の花火大会の模様を書いたブログには「来年もまた家族で綺麗な花火がみられますように」との一文があり、読んでいるこちらもその願いがきっと叶いますようにと共に祈りを捧げたくなることでしょう。

>> なかちょんの肺がんに負けないブログ


04. モモの日記帳〜肺ガンなんかに負けないぞ!〜

  • 組織型/扁平上皮がん
  • ステージ/末期(→完治)
  • 治療法/外科手術

1996年に肺がん(上葉がん)を宣告され、その時すでに末期近くにまで進行していたものの、手術を受け、無事末期の肺がんから生還を果たした菊池さん(女性)のブログです。

記事数はさほど多くはありませんが、肺がんの告知時のご家族の反応やその後の家族のあり方、病気に対して前向きに生きることで病気を克服していった過程が少ない字数のなかできちんと説明されてます。

特にご主人の献身的な姿勢は病気克服の大きな力となり、夫婦の絆を再確認できたことは菊池さんご夫婦にとってはとても意義深く、周囲の理解がいかに大切であるか、また、「がん」は諦める病気ではないということを、改めて考えさせられる、とてもおすすめのブログです。

>> モモの日記帳〜肺ガンなんかに負けないぞ!〜


05. 肺がんステージⅣホスピスから完治を目指すべにましこのブログ

  • 組織型/扁平上皮がん
  • ステージ/4期(→寛解)
  • 治療法/化学療法 (抗がん剤)

2012年に末期の肺がん宣告を受け、その後抗がん剤治療をメインとした治療を開始、一旦症状悪化のため疼痛コントロールを目的としてホスピス(緩和ケア病棟)に入院するも、その後寛解し、今は在宅ホスピスを受けながら経過観察中の“べにましこ”さんのブログです。

「末期がん」と聞くともうすでに自分には「死しかない」と絶望的になる人が多いのですが、ブログを開設しているガン患者さんの中には『ブログを通じて社会と積極的にコミュニケーションをとり、病気と前向きに向き合うことで、がんを克服しつつある』患者さんも少なからず存在します。

“べにましこ”さんもそんな患者さんの一人で、「諦めないこと」はがん治療を支える一つの大きな柱なのだたということを読む人に気づかせてくれるでしょう。

>> 肺がんステージⅣホスピスから完治を目指すべにましこのブログ

スポンサーリンク


06. WINの肺癌闘病日記

  • 組織型/扁平上皮がん
  • ステージ/3b期
  • 治療法/放射線治療・化学療法 (抗がん剤)

44歳の若さで3b期の扁平上皮がんと診断された“WIN”さんのブログです。おそらくWINというハンドルネームも「ガンに負けない」という強い意志の表れかと思えるほど、プロフィールからは力強い闘病への思いが伝わってきます。

すでに診断時には3bという進行したがんだったため、手術の適用は受けられず、化学療法にて治療中。予後は比較的良好で、現在は退院し、仕事復帰を果たしながら化学療法を継続中とのこと。

「がん」になると周囲への告知はどうすれば良いか悩む人が多い中、堂々と闘病を宣言した方が周囲の協力を得られやすい、というのも選択肢の一つであり、ポジティブであれば周囲の理解は得られるし、闘病への環境も整えられるという良いお手本になるブログではないでしょうか?

>> WINの肺癌闘病日記


07. tamaこれから記(肺大細胞神経内分泌癌)

  • 組織型/大細胞がん
  • ステージ/4期
  • 治療法/放射線治療・化学療法 (抗がん剤)

ブログ主“tama”さんのプロフィールを見ると、「2009年12月癌検診で発見した子宮がんに対し、2010年2月子宮広範全摘出。術後の病理診で、原発巣は肺大細胞神経内分泌癌の診断されています。

抗がん剤による化学療法後、7月に仕事復帰しますが、2011年8月、縦隔含む三箇所に転移性がん見つかり、放射線治療+抗がん剤の化学療法開始。

2012年2月には再び仕事復帰。2013年9月末、肺におそらく転移性と思われる腫瘍を発見されています。このことからかなり壮絶な闘病記となっています。

子宮がんの原発巣が肺の大細胞がんというように、肺大細胞がんは遠隔転移する可能性のある「がん」という特徴があります。転移が早いこのがんも予後が悪く、肺がんの中でも特に要注意なタイプであると言えるでしょう。

>> tamaこれから記(肺大細胞神経内分泌癌)


08. 余命宣告2カ月!肺癌末期の母と絶対諦めない家族の闘病ブログ

  • 組織型/小細胞がん
  • ステージ/4期
  • 治療法/化学療法 (抗がん剤)・緩和ケア

小細胞がんは肺がんの中でも最も進行が早く、治療が非常に困難なタイプになります。そのため、このブログのオーナーの“るーちゃん”さんはお母さんが小細胞がんと診断された方で、家族目線のブログになっています。

闘病ブログは患者さん本人が運営していることが多いのですが、このようにご家族が本人と一緒に病気に立ち向かうためには、ブログというツールは連帯感を生み出すのにとても役立つもので、ご家族のケアへのモチベーションを上げる効果が期待できますね。

“るーちゃん”さんのお母様も今は緩和ケア(ホスピス)で化学療法を受けるという予断を許さない状況ですが、力の限り病気と戦う姿は多くの人に勇気を与えてくれることでしょう。

>> 余命宣告2カ月!肺癌末期の母と絶対諦めない家族の闘病ブログ


09. ひろっぴの肺がん(1A)&気胸闘病記

  • 組織型/扁平上皮がん
  • ステージ/1a期
  • 治療法/外科手術

オーナーの“ひろっぴ”さんは人間ドッグでステージ1aの初期の肺がんが見つかった症例です。

このため手術を受けて、その後5年間は転移巣の有無などには要注意ですが、5年生存を達成できれば高い確率で完治が見込めます。

2013年に発覚した肺がんですから手術から2年余が経過し、今のところは定期検診+腫瘍マーカー(血液検査)によるフォローアップで転移、再発共に認められないとのことで、治癒まであともう少しという感じですね。

“ひろっぴ”さんは40代になって人間ドッグを受け、そこで初期の肺がんが見つかったとのことですから、肺がんも早期発見が予後にとっていかに重要であるか、ということがよくわかるブログになっています。

>> ひろっぴの肺がん(1A)&気胸闘病記


10. 肺がんくん かかってらっしゃい!!

  • 組織型/腺がん
  • ステージ/4期
  • 治療法/経過観察

オーナーは“マリブ”さん。こちらも旦那さんが末期の肺がんで闘病中のご家族のブログになります。

患者である旦那さんは肺がん以外にも長年患っている自己免疫性疾患があるため、化学療法の適用が難しく、また末期がんであるため手術もできずに「がん」に対する積極的な治療は行えないという状態です。

先日残念ながら脳転移が発覚し、経過観察入院ということになったそうですが、食事療法などで免疫を上げるべく“マリブ”さんは全力で夫と闘病生活を送っています。

夢は旦那さんと一緒に2020年東京オリンピックを観戦すること!その夢がぜひ叶うよう、祈らずにいられません。

>> 肺がんくん かかってらっしゃい!!

まとめ

肺がんは喫煙や受動喫煙によって引き起こされる「扁平上皮がん」よりも、肺の奥の方で起こる「小細胞がん」や「肺腺がん」の方が予後が悪く治療も困難とされています。

患者数は40代以降に増加傾向を示すという統計が公表されていますので、定期検診以外にも「がん検診」や人間ドッグを受けるように心がけましょう。

特に高齢化に伴い「肺炎」が日本人の死亡原因トップ3にランクインするようになってから、肺がんの罹患率も上昇傾向にあると言われています。

肺がんについて

肺がんは大きく分けると「腺がん・扁平上皮がん・大細胞がん・小細胞がん」という4つの組織型に分類されます。

  • 腺がん:肺の奥の方で発症し、発見しづらく女性に多いタイプ
  • 扁平上皮がん:肺の入り口近くにでき、喫煙者に多いタイプ
  • 大細胞がん:肺の奥の方にでき、進行の早いタイプ
  • 小細胞がん:肺の入り口近くにでき、喫煙者に多いタイプで転移しやすい

喫煙率が下がっている中でも肺がんの患者数が増加している背景には「小細胞がん」や「肺腺がん」の患者数が増加しているのではないかという見方が強まっています。

癌ブログ闘病記カテゴリ一覧

  関連記事

 -