人気ブログおすすめサイト

お腹の皮下脂肪が落ちにくい原因
健康

お腹の皮下脂肪が落ちない女性必見!臨床試験で実証済みの方法とは?


鏡にうつる自分のお腹を見るたびにでる『はぁ~。』というため息。

お腹の皮下脂肪を落とそうと思って色々試したけど、失敗つづき……。痩せにくい体質だしと最近はもう諦め気味という女性のみなさん。

諦めるのはまだ早いですよ!

『臨床試験で実証された皮下脂肪を落とす方法』を試してみませんか?

スポンサーリンク

皮下脂肪を落とす方法を試して失敗

 皮下脂肪を落とす方法を試して失敗

ネット検索すると皮下脂肪を落とす方法がたくさんでてきます。

皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある脂肪。それを落とす方法として、よく紹介されているのが『有酸素運動・腹筋・食事制限』の3つです。

それぞれ皮下脂肪を落とすのに失敗した口コミを集めたので紹介していきます。

失敗1.有酸素運動

ウォーキング
脂肪燃焼に有効的な有酸素運動。一口に有酸素運動といっても色々あります。

ウォーキング・ジョギング(ランニング)・エアロビクス・水泳・サイクリング・ヨガ

上記はすべて有酸素運動です。継続的に軽い負荷をかけながら運動することで脂肪燃焼を促し、皮下脂肪を落とします。

ですが、実際はそう簡単にはいかないようです…。

ウォーキングの失敗談(34歳女性・主婦)

家の近くの大きい公園に行き、ウォーキングのコース3kmを歩いていました。

最初は週3回ではじめましたが、2ヶ月目の最初に週1回になり、2ヶ月目のおわりには辞めてしまいました…。

結局、お腹の余分な皮下脂肪は消えることなく、今も私のお腹に居座っています…。

ジムのプールで水泳!でも結局続かず失敗…(31歳女性・事務)

会社の福利厚生で安くジムに通えることもあり、プールで水泳することにしました!

定時であがれる会社なので、仕事おわりに通っていました。ゆっくり平泳ぎしたり、水中ウォーキングしたりしてお腹の脂肪を燃焼させるぞ!と意気込んでいました。

ですが、水泳を終えて帰宅すると疲労感がどっと襲ってきます。家のことをする前に寝落ちしてしまうこともしばしば…。結局続きませんでした。

失敗2.腹筋などの筋トレ

腹筋
有酸素運動といっしょにあわせて筋トレを行なうことで、効果的に皮下脂肪を燃焼させることができます。

お腹の皮下脂肪を落としたいならやはり、腹筋がよいでしょう。

ただ、女性は男性より筋肉量が少ないので、腹筋を10回行うのもかなりしんどいはずです。

そんなこともあり継続はやはり難しいようです。

お風呂に入る前に腹筋してたけど…(29歳女性・営業)

最寄りの駅から家まで徒歩15分あるので、それと家で腹筋をすれば『有酸素運動+筋トレ』でお腹の皮下脂肪を落とせるのでは、と思いました。

お風呂に入る前に腹筋を20回するという目標!でも、もともと筋トレの習慣のない私…。

結局、1週間で諦めてしまいました ><

失敗3.食事制限

食事制限を失敗
そもそも食事制限だけで、皮下脂肪を落とそうというのは難しいでしょう。

摂取カロリーより消費カロリーの方が多くなくては、皮下脂肪は落ちません。つまり普段から運動不足の方が、食事制限だけで皮下脂肪を落とすには無理があります。

とはいえ、食事のバランスは大切です。現代人は、糖質・脂質を多く摂っている傾向にあります。女性はパスタやスイーツ好きの方が多いから気をつけたいですね。

栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

自炊しようと思ったけど、結局コンビニ…(30歳女性・営業)

間食のお菓子をやめるだけじゃ効果がないかなと思い、自炊をする日を増やそう!

白米も玄米にかえて、一汁三菜の献立を考えて料理していました。ですが、ハードルをあげすぎました(汗)

もともと料理好きでもない私が続くわけがありません…。結局外食やコンビニご飯の割合が増えていきました。

お腹の皮下脂肪が落ちにくい原因

お腹の皮下脂肪が落ちにくい原因

口コミを見るとみなさん皮下脂肪を落としたいけど、なかなか上手くいかないみたいですね。

では、なぜ皮下脂肪を落とすのは難しいのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

女性はお腹に皮下脂肪がつきやすい

まず、女性は皮下脂肪がつきやすいという性質があります。

なぜなら、女性の身体は妊娠したとき、お腹にいる赤ちゃんを守らなければいけません。皮下脂肪は外からの衝撃などから赤ちゃんを助けます。

妊娠していないとしても、その時にそなえて、女性はお腹まわりに皮下脂肪がつきやすくなるのです。

皮下脂肪はエネルギーとして消費されにくい

皮下脂肪が落ちにくい原因は、エネルギーとして消費されにくいからです。

お腹の皮下脂肪を落とそうと思ったら、エネルギーとして燃焼させなければなりません。

でも、その順番が皮下脂肪は一番最後なんです。

1.ブドウ糖
2.内臓脂肪
3.皮下脂肪

優先度はこのようになっています。

機能性表示食品で皮下脂肪を落とす

これまで紹介した方法で、皮下脂肪を落とすのに失敗したというあなたに試してもらいたいものがあります。

それが、お腹の皮下脂肪を落とす機能性表示食品です。

機能性表示食品とは、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品のこと。

科学的根拠は、専門機関での調査・臨床試験結果により、その機能性と安全性に関するデータやその根拠となる資料にもとづいています。

それが消費者庁によって受理されて、はじめて機能性表示食品として販売できるようになります。

開発着手~受理までにクリアするべき課題があるので、受理されなかった事例も多くあります。

そのハードルの高さゆえ、機能性表示食品に書かれている効能は信頼できるといえるでしょう。

機能性表示食品『シボヘール』

機能性表示食品シボヘール

お腹の皮下脂肪を落としたいあなたに紹介したいのが、機能性表示食品『シボヘール』です。

このシボヘールに含まれる『葛の花由来イソフラボン』がお腹の皮下脂肪を落とす作用があります。

葛の花ってはじめて耳にした方も多いと思うので、写真をのせますね。

葛の花

このようなお花なんです。この葛の花から抽出された『葛の花由来イソフラボン』が脂肪の分解と燃焼を促進してくれるんです。

臨床試験の結果があるから信頼できる

シボヘールのパンフレット
こちらは購入するとついていくるシボヘールのパンフレットです。

↓ 3ページ目に皮下脂肪の減少量がのっている臨床試験データのグラフがあります。

お腹の皮下脂肪の減少量

3ヶ月シボヘールを試すと皮下脂肪の断面積が、13㎠減少してるのがわかりますね。

13㎠はゴルフボール約4.5個分です。

けっこうな量が落ちています。サプリを飲むだけですごくないですか?

1日4粒飲むだけ

タブレット型で飲みやすい形状のシボヘール。

シボヘールは薬ではなく機能性食品。飲むタイミングにも特に決まりはありません。食前や食後などお好きなタイミングで大丈夫です。

1度に4粒飲むので、1日1回で大丈夫なのも続けやすいポイントです。

試してみたい方は、下のリンクから詳細ご覧になってください。

まとめ

いかがでしたか?

お腹の皮下脂肪を落とそうとして失敗してきた方も、簡単に試していただけるのではないでしょうか?

科学的根拠に裏打ちされているので、試してみる価値ありですね!

お腹の脂肪を減ると、鏡を見るのが楽しみになったり、おしゃれしたり、今よりきっと楽しい毎日が待ってますよ。

シボヘール

 - 健康