人気ブログおすすめサイト

仕事

40代の転職は絶対失敗できない!コレを読めば対策万全!


40代……人生80年といわれる現代では人生の折り返し地点でもあります。人によっては自分の人生への迷いが生まれてくる時期かもしれません。

その中でも『仕事』について悩む40代の方は多いのではないでしょうか。やりがい、給与、ワークライフバランス、賞与、福利厚生などのバランスで見たとき今の会社で本当にいいのかと。

今回は絶対に失敗したくない40代の転職について詳しくお話していきたいと思います。

40代の平均年収

平均年収はあくまで平均値であり、業種や職種、役職等によって収入は変わってくるかと思います。しかし、40代となると家庭がある方も多く、子供の教育費などの負担が大きい方も多いですよね。

生きるためにはやはりお金が必要です。転職の際、判断基準のひとつとして平均年収を知っておくことは大切です。

40代といえば重要な役職などについている割合も多くなってきますので、30代と比べると平均年収が上がります。

30代のときは425万だった平均年収は、40代前半になると456万となんと約30万もアップするんです。ちなみにこれが40代後半になるとさらに上がり平均年収は478万円となっています。

ただ、40代の平均年収は男女でかなりの開きがあります。

例えば40代前半の平均年収は456万円ですが、男女別にみてみると男性平均が560万であるのに対して、女性平均は284万円となっており、276万円もの差があります。

時代背景や、出産や育児などでキャリアが途絶えてしまったり、そのために離職してしまったりといった事情によるものも大きいでしょう。

平均年収は男女差のことも考慮に入れて覚えておくようにしましょう。

40代転職につきまとう不安

転職は最低でも35歳まで……そんな話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。聞いたことがなくても40代の転職となると不安を覚える方も多いと思います。

実際にネット上には様々な人々の不安の声で溢れています。ここでは実際に転職に悩む不安の声を男女別にご紹介します。

40代男性の不安

自分で決定するしかないのですが、40代中盤~後半の男です。

職種は多少ブレマシタが比較的同じ方向で、電気、精密機器、コンピューター(ネット)系でメンテを中心に、簡単な設計(難しいのはできませんよ)や製作もやってまいりました。

けれども次転職できたとして6社目となります。

待遇面であまり細かいことは気にしないほうですが、現在の会社、残業代はおろか、有休はおろか、賞与はおろか、昇給もありません。
この分だと退職金もないでしょう。全部求人票に○がついていたものばかりです。

一番頭にキているのが、休日出勤の振り休が取れないことです。これは面接のときに念を押したはず。

出典: 40代転職の可能性 – 教えてgoo

現在の会社への不満から転職を考えている男性です。求人票に“ある”と書かれていた残業代、有給、賞与、昇給がすべてない……という状況のようです。いわゆるブラック企業のようですね。

次の転職でこのようなことがおきないようにするためには、やはりエージェントを通すのがおすすめですね。

エージェントはこういった劣悪な会社の情報も多く把握しています。当たり前ですが、そういった会社は紹介されないので、このようなギャップを生むことがないので、40代の転職はエージェントを利用しましょう。

私自身、40代前半で転職を考えています。長年務めた会社なんで愛着もあり、なかなか前に進めません。

いまの会社は、業績が悪くなってきてから、今迄一緒に頑張ってきた上司も人が変わってしまった様になり、理不尽な社風になり離職者も増えています。釈然としない気持ちで日々業務をこなすのに、疲れてしまいました。

頑張っていればいつか変わるという気持ちでしたが限界に近づいてしまってます。

出典: 40代で転職した方こんにちは。40代で転職された方にお聞したいのですが – Yahoo!知恵袋

長く続く不景気によって業績が悪化し結果的に職場環境も悪くなってしまう……。先が見えない不況の中では決して他人事ではないという方も多いのではないでしょうか。

我慢はもちろん大切ですが、我慢しすぎて自分を壊してしまっては本末転倒です。精神的に限界に追い込まれる前、まだ体力や気力に余裕のある40代のうちに転職を考えることも大切です。

40代女性の不安

40代(女性)事務員です。5年間勤務してきました。このご時世に転職された方はいらっしゃいますか?退職理由も知りたいです。

経営者のパワハラまがいのイジメにもう限界です。何人も退職していきましたが辞める人は必ず執拗に苛められるので、辞めると言えば執拗なイジメが待っていると思います。

この経営者への恨みのような気持ちに頭がおかしくなりそうです。今すぐにでも退職したいのですが、退職後が不安で踏み切れません。

出典: 40代(女性)事務員です。5年間勤務してきました。 – Yahoo!知恵袋

パワハラやモラハラといった企業内の問題は、なかなか根深いものがあります。理想論としては会社内で解決に向けて皆で協力していくことが大切なのでしょうが、実際問題パワハラやモラハラといった体質の改善には多大な労力と時間がかかります。

また社内のこうした問題を一人で解決していくのは不可能ですが、様々な理由で周囲の協力を得られないことも多いでしょう。

モラハラやパワハラなどは、心や体を含めた『自分』という一番大切なものを壊して耐えるようなものではありません。

今後の人たちのためにも会社と戦えと責められることもあるかもしれませんが、無理をして戦う必要はないと思います。三十六計逃げるに如かずという言葉もあるように、逃げるのは立派な戦略の一つです。

転職活動中の40代半ばの女です。正社員の事務の内定が出ましたが、給料が税込17万円と言われました。

ハローワークの求人票の範囲内ではありますが、その前の転職の時は範囲内の上限でもらえたため、今回は真ん中あたりを期待してましたが、実際は下限近かったです。

その会社の私に対する評価だとは思いますし、自分のキャリアからしたら、それほど高い給料は望みませんが、この正社員の仕事を受けるか、正社員にこだわらず、もっと給料がもらえる仕事を探すか迷っています。ちなみに交通費支給、賞与は業績によって出るようです。

出典: 転職活動中の40代半ばの女です。 – Yahoo!知恵袋

40代での転職といえば、やはり待遇や給与といった面での不安はつきものです。

最初にご紹介した平均年収からかなり下の金額を提示される、現在の収入から大きく下がってしまう、休日などの待遇に不安があるといった悩みは決して無視できません。

この後の『転職を失敗させないためには』でもお話しますが、転職を決めるとき、まず自分にとって何を優先すべきかということについてしっかりと考えた上で転職活動を行いましょう。

40代転職を失敗させないための対策

40代での転職は、正直にお話しするなら非常に厳しいものになります。企業はやはり若い人材を求めていることが多いですし、転職をする人が諸外国ほど多くない日本では年齢に関係なく転職後に今までよりも収入や待遇が悪くなってしまうというケースは珍しくありません。

ですが希望がないわけではありません。ここ数年で40代での転職市場は広がりを見せ、転職を成功させる方はどんどん多くなってきています。

今後人手不足の深刻化等の社会情勢を受けて、転職市場は40代にさらに大きく開かれていくこととなるでしょう。

転職に対して、前向きな姿勢を見せることはもちろんですが40代の転職にはそれだけでは足りません。ここからは転職を失敗させないために絶対に押さえておきたいポイントをご紹介します。

在職中に転職活動をして内定を狙う

この辺は当たり前のことですね。40代が現職を辞めてから、次の就職先を探すのはリスクが高すぎます。

在職されている方は転職を考えたとしても、仕事を辞めるのは基本的に次の就職先に内定をもらってからにしましょう。

リスク以外の面から考えても、収入がない状態というものは思いのほか精神的に苦しいものですし、焦れば焦るほどに転職の失敗リスクは上がります。まずはよっぽどの理由がない限りは、足元をしっかり固めた上で転職を目指すのが理想です。

転職先に求める条件の優先度を決める

転職を考えたとき、絶対に譲れないポイントがあるかと思います。

どうしてもしたい仕事がある!という強い目標がある場合は良いのですが、多くの場合は現状の不満や不安を解消するための転職になるかと思います。

給与額、休日数、勤務内容、待遇、社風……すべての希望を兼ね揃えた完璧な会社に入ることができるのは、本当に一握りだけです。多くの場合、何かをとれば何かを切り捨てなくてはなりません。

一体自分の中ではどれが最も大切なのか。優先順位をしっかりと決めて活動することで、転職自体もスムーズになりますし精神的にも気楽になります。まずは転職活動をする前にその点をはっきりさせておきましょう。

高条件を求めすぎてはいけない

すべての希望を叶える会社に入ることができる方はほんの一握りですし、そもそも希望にピッタリと合う会社かどうかは入社してみないとわからないところもあるでしょう。

給与面などの数字は事前にわかっても、社風や社内の人間関係などは外から見ただけではわからないことも多いからです。

いくら40代の転職状況が改善してきているとはいえ、厳しいことに変わりはありません。入社前からあれもこれもと注文を付けて、希望ばかりを追うと転職先が決まらないことも十分にありえます。

自分自身の譲れないポイントを考えておくことは良いことですが、理想に固持しぎずに現実とうまく折り合いをつけ、心に余裕を持っておきましょう。

半年から一年スパンで転職活動をする

最後は焦らないことです。40代の転職には若いときよりもより時間がかかります。大体、最低でも半年から一年はかかると思ってよいでしょう。

年齢のこともあり、早く決まってほしいと思うかもしれません。またどうして決まらないのだろうと自分を責めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、多くの40代はじっくりと時間をかけて転職しているのです。あなただけが決まらないわけではありません。長期戦を覚悟してから転職には挑みましょう。

40代転職におすすめのサイト

40代の転職に欲しい機能がしっかりと揃ったおすすめのサイトをこちらではご紹介します。どこも基本無料でしっかり使えるサイトばかりなので、転職活動の際はぜひ参考にしてみてくださいね。

転職エージェントのマイナビエージェント

大手転職サイト、マイナビエージェントは転職の際に押さえておきたいサイトのひとつです。非公開求人が8割を占めているので、まずは無料の会員登録をオススメします。大手だけあってスカウトシステムやサポートシステムなどの基本的な機能はすべて揃っています。キャリアカウンセリング(面談)などのサービスもあり、遠方の方でも電話でのサービスが受けられます

転職のリクルートエージェント

転職実績No.1の大手エージェントです。マイナビと合わせてしっかりとチェックしておきたいサイトです。サービスの多様さ、非公開求人数の多さもずば抜けており、こちらで転職を決めたという40代の方も数多くいらっしゃいます。専任アドバイザー制度があるので、転職に不安が多くしっかりとしたサポートがほしいという方に特におすすめしたいサイトです。

FROM40

40~50代の転職を専門に扱っているサイトです。大手と比べると求人数は落ちますが、ターゲットが40代~50代なので、自分に合った求人だけを見ることができますし、年齢で引っかかることもありません。検索システムなどもかなり簡潔で使いやすいので、サポート充実の大手サイトとの組み合わせで使ってみてくださいね。

DODA

転職総合サイトのひとつであるDODAもシンプルで使いやすく、サービスも充実しています。転職の成功ガイドや支援サービスといったサポート機能も揃っています。求人検索トップとのことで、求人の数がしっかりと揃っているのも魅力的です。最大手エージェントサイトの求人で漏れがちな求人もあるので、ぜひDODA含め転職サイトは組み合わせて使ってみてくださいね。

  関連記事

 - 仕事